ピーリング石鹸の正しい知識と各メーカー製品の辛口解説

自然な形で無理なく古い角質を落とす、マイルドなピーリング成分の入ったピーリング石鹸なら『自宅で安全にピーリング効果を実感』できます。

当サイトでは、ピーリング石鹸についての正しい知識をお届けするとともに、ピーリング石鹸メーカー30社の製品を辛口解説してまいります。

>> 製品解説一覧はこちら

なぜピーリング石鹸がスキンケアに必要なのか?

洗顔する女性

肌状態について悩みを抱えている人の多くは、「肌にとって、いい効果をもたらしてくれる成分が配合されたスキンケア用品を使う」などというケアばかりに目が行きがちなのですが、それだけでは肌状態は思ったように改善しません。

ではどうすればいいのかというと・・・実は、スキンケア用品を肌につける前におこなう「洗顔」にこだわることが、非常に重要となってきます。

洗顔というのは、ひと言でいうと「スキンケアの前の、肌の土台作り」のようなものなんですよ。洗顔の段階で古い角質がきちんと落とせなければ、それだけで「肌がくすんで見える」「ターンオーバーの遅れによる肌乾燥や肌荒れが起きやすくなる」「スキンケア成分の浸透性が低下する」などといった問題が出てしまいます。

洗顔の段階で、古い角質などのジャマ者をスッキリ落としたクリアな肌状態にすることこそが、肌状態の改善の大きな第一歩になるわけです。

かと言って、クレンジングや洗顔で「汚れを落とすためにゴシゴシこする」などということをしてしまっては、肌が傷んでしまい、逆効果となってしまいますよね。

ゴシゴシ無理にこすったりせず、自然な形で無理なく古い角質を落とすためには、「マイルドなピーリング成分」の入った石鹸などを使うのがおすすめです。

スポンサードリンク

ピーリング石鹸に期待すること・正しい選び方とは?

reaf ピーリング石鹸は怖くない?

「ピーリング」というと、怖いイメージを持っている人もいると思いますが、実はピーリング成分の作用の強さというのは、種類によって大きく違います。

中には「古い角質だけでなく、新しい角質まで溶かしてしまうリスクがある」という強力すぎるピーリング成分もありますが、逆に「古い角質だけを効率よく落とし、新しい角質は無理に落としたりしない」という、マイルドでありがたい作用をもたらしてくれるものもあるんですよ。

つまり、「マイルドな作用のピーリング成分が配合され、その他の成分も安全性が高いものばかりで作られている」というピーリング石鹸をうまく選ぶことができれば、肌状態の改善の実現が、グッと近づくわけなのです。

reaf ピーリング洗顔と生理前ニキビの発生数

ちなみに私自身、ピーリング洗顔を始めてから、日に日にそのメリットを実感している一人です。 ガサついた感触だった肌がツルツルとしてきて、続けているうちにくすみが取れてきて、顔色が以前よりクリアに明るくなりました。

あと、生理前はニキビが大発生しやすかったんですが、ピーリング洗顔を始めてからは、生理前ニキビの発生数もかなり少なくなりましたよ。

reaf スキンケア用品の浸透性にビックリ

そして何よりビックリしたのは、スキンケア用品の浸透性が大いに高まったこと。特に、化粧水と美容液については「今までの1.5倍くらい、肌に浸透している」という実感があるのです。

私は乾燥肌だったので、保湿系のスキンケア用品を使っているのですが、ピーリング洗顔のおかげで化粧水や美容液の保湿成分がしっかり奥まで浸透できるようになったためか、肌の保水力が高まって、乾燥しにくくなりました。これが私にとって、ピーリング洗顔で一番嬉しい効果でしたね。

reaf ピーリング石鹸の正しい選び方とは?

さて、ここまで話を聞いて「ピーリング石鹸をうまく選べばいい、ということは分かったけど、自分にとってどんな商品がいいのかが分からない!」と思う人もいるでしょう。

そこはご心配なく!このサイトでは、避けるべきピーリング成分は何か、おすすめのピーリング成分は何か、といった情報だけでなく、実際に今、市場に出回っている数多くのピーリング石鹸・洗顔料について、詳しくご紹介しています。

各商品の成分や価格などをひとつひとつチェックした上で、メリットだけでなくデメリットなどの気になる点もきちんとご説明していますので、「このピーリング石鹸はどの部分がおすすめで、どういう部分がイマイチなのか」という点も分かりやすいはずですよ。

あなたにとって、一番適したピーリング石鹸・洗顔料を見つけて、肌状態の改善を目指していきましょう!

スポンサードリンク

チェックしてみよう!あなたの肌はピーリング石鹸を使うべき肌?

ピーリングは、古い角質を落とすことで、くすみの改善・ターンオーバーの正常化・スキンケア成分の浸透性アップなど、さまざまな嬉しい効果が期待できますが、「すべての人がピーリング石鹸を使うべき」というわけではありません。

あなたの肌はピーリング石鹸を使うべき肌なのか?それをチェックしてみましょう!

reaf ピーリング石鹸を使うべき肌はこんな肌!

ピーリング石鹸を使うべき肌の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 顔がくすんで見える
  • 肌の感触がカサカサ・ゴワゴワしている
  • 毛穴の開きや汚れが目立つ
  • ニキビができやすい
  • ハリ・ツヤ不足など、肌そのものが疲れているなと感じる
  • 鏡でよく見ると肌のキメが粗いのが分かる
  • 浸透性の高いスキンケア用品を使っているはずなのに、あまり浸透しない
  • 「ターンオーバーが乱れている、遅れている」という自覚がある
  • メイクののりが悪い

これらの項目にひとつでも当てはまったら、ピーリング石鹸を使ってみる価値ありです!

おそらく、ほとんどの女性が、いくつかの項目に該当することでしょう。こうして見ると、ピーリングというのは、かなり幅広い肌の悩みに対応できることが分かりますね。

あと、顔の肌とは違いますが「ひじやひざのくすみ、かかとの角質などが気になる」という人にも、ピーリング石鹸はおすすめです。たとえばピーリング洗顔をする場合、「洗顔で使った泡をひじ・ひざ・かかとにつけて再利用する」なんてこともできますよ。

reaf ピーリング石鹸を使ってはいけない肌

というわけで、ピーリング石鹸はかなり幅広い肌の悩みに対応できると言えるのですが、中には「ピーリング石鹸を使ってはいけない肌」というのもあります。

  • 肌にかぶれ・ただれなどの症状が出ている
  • 敏感肌用の化粧水すらつけられないほど、肌が刺激に弱い
  • 普通に洗顔するだけでも顔がヒリヒリする

このような肌は、「角質そのものが不足している、超敏感肌」と言えます。ピーリング石鹸で古い角質を落とすことよりも、まずはじゅうぶんな睡眠や徹底した低刺激の保湿を続け、肌を外部刺激から守れるだけの角質層を作り上げることを優先すべきです。

スポンサードリンク

■ メニュー

ピーリング石鹸TOPページ
ピーリングって何?その効果とは?
ピーリング石鹸の使い方
続けられますか?エステや美容皮膚科でのピーリング
自宅でのピーリング洗顔にメリットあり!
ピーリングのための洗顔料はどんなタイプを選ぶべき?
こんなピーリング成分は避けるべき
おすすめのピーリング成分はこれだ!
ピーリング洗顔の注意点
ピーリング石鹸の成分の安全性に注目!
ピーリング石鹸の「ピーリング成分以外にほしい成分」とは?

■ 各社の製品解説 《新着情報》

石澤研究所「毛穴撫子 重曹つるつる石鹸」
(2017.3.29)
ナンダモ「ナンダモプレミアム」
(2017.3.22)
ラメンテ 薬用「ニュークリアスキンソープ」
(2017.3.15)
PURELA(ピュアラ)「ナチュラルピュアウォッシング」
(2017.2.6)
ドクターズコスメ「緑の森 クリアランスソープ」
(2017.1.17)
進製作所「anela(アネラ)マナソープ」
(2016.12.14)
アスカコスメティックス「プルリア ハニーソープ」
(2016.11.30)
ノブ「AC アクティブ ウォッシングフォーム」
(2016.11.17)
アンプルール「ラグジュアリーホワイト ブライトニングバー」
(2016.11.8)
Cellnew「セルニューソープ」
(2016.10.28)
ドクターレクラム「リバイタル ソープ」
(2016.10.25)
サンパー シティオブライト「ホワイトベルベットムース」
(2016.10.17)
ミスパリ「クレンジングフォーム」
(2016.10.12)
サンソリット「スキンピールバー ハイドロキノール」
(2016.9.22)
ドクターヨシキ「スキンケア ドクターY クリアウォッシュD」
(2016.9.15)
ビオプラント「ゆず玉石鹸」
(2016.9.8)
ラフラ「オレンジドロップ」
(2016.9.2)
メーカー各社の製品解説
⇒ 一覧はこちら

■ 運営者情報など

運営者情報
お問い合わせ