ケミカルピーリング施術後の注意

栄養面

ケミカルピーリングを行なうと皮膚の持っている修復力で細胞分裂が盛んになり、新しい細胞が生まれ ます。新しい細胞が作られるときにバランスのとれた栄養を多く摂取することが大切です。

ニキビの原因としてビタミン不足、糖分の摂り過ぎが挙げられまず。また食生活の乱れや、繊 維不足は便秘の原因にもなり臓器にストレスを与え抵抗力が低くなってしまいます。皮脂 の分泌量の高まりやすい可溶性の唐類はできるだけ控え、ビタミン、ミネラル、特に酸化を抑えるビタミンC、Eの不足に注意して下さい。

更に皮膚の還元力を高め丈夫な細胞を作るためにアミノ酸を多く含むタンパク質を多く摂取する必要があります。

また、紫外線に当る前のソラーレンを含む食べ物は出来るだけ避けてください。ソラーレンは紫外線に強く化学作用が出る物質なので、シミを作りやすくしてしまいます。

匂いの強い野菜(セロリ、パセリ、レタス等)に含まれます。(レモンやライム等の柑橘類には微量に含まれている)日中はなるべく避けて夕食で摂るようにします。

生活面

睡眠不足やストレスも細胞の生成に影響し、シミの原因にもなります。

紫外線のダメージ

ケミカルピーリングにより角質の一部を除去しているので防御力が低下しています。紫外線の影響を特に受けやすくななっています。UVケアはかならず行って下さい。更に、できるだけ紫外線を多く浴びるような場所は避けるようにしましょう。

ホームケア

雑菌は感染症等を引き起こし、ダメージを広げメラニンを反応させてしまいます。タオル等で強くこっすたり、汚れた手やタオル等で刺激することは控えるようにして下さい。

ケミカルピーリングは日常の過ごし方で大きく効果が変わります。良い効果を引き出すためにコンディションの整え方が重要なポイントになります。

当サイトの更新情報

自宅で簡単ピーリング。ピーリング石鹸に関するさまざまな情報を掲載します。
>> ピーリング石鹸特集