ピーリング洗顔の注意点

ピーリング洗顔は、「洗顔するだけで、顔のくすみ改善・ターンオーバー正常化・スキンケア成分の肌への浸透性向上」などといったさまざまなメリットが見込める洗顔なのですが、いくつか注意点もあります。

reaf やりすぎはNG!

たまご肌の女性

AHAなど、マイルドなピーリング成分を使っているピーリング石鹸であっても、「やりすぎ・使いすぎ」はトラブルの元です。

ピーリング石鹸によって、使うAHA成分の種類や成分濃度などには違いがありますので、必ず、そのピーリング石鹸のメーカーが推奨している使い方を守りましょう。

ピーリング効果を高めたいからと、「週に2回程度の使用が推奨されているものを毎日使う」「石鹸の泡を、メーカー推奨の時間よりもずっと長く肌につけたままにする」などという使い方をするのは禁物ですよ。むしろ最初のうちは、肌の様子を見るために、頻度や時間は多少控えめにしてもいいくらいです。

reaf 顔剃りに使用してはダメ!

「洗顔時に、ついでに顔剃りをする」という人も多いですが、ピーリング洗顔において、これをやるのは禁物です。「ピーリングによって古い角質が落とされ、新しい角質がむき出しになっているところを、カミソリで削ってしまう」ということになるため、角質へのダメージがより大きくなるのです。

そもそも、ピーリング用ではなく、たとえ普通の洗顔料使用であっても、その泡で顔剃りをすることは、必要な角質まで削るリスクが高いため、本来はNGなのです。

顔剃りの際は、きちんと顔用のシェービングフォームやシェービングクリームを使いましょう。

reaf ピーリング洗顔は夜にやろう!

ピーリング洗顔は、朝よりも夜にやるほうが、断然おすすめです。

肌のターンオーバーは夜中におこなわれますから、ターンオーバー正常化に役立つピーリングの効果が最大限に発揮できるのは、夜洗顔なのです。ピーリング洗顔をした夜は、遅くとも0時までに就寝することを徹底するよう心がけましょう。

ちなみに、ピーリング洗顔をした翌朝の洗顔は、洗顔料をつけずに、ぬるま湯だけで洗顔するのがおすすめですよ。