ピーリング石鹸の成分の安全性に注目!

ピーリング石鹸を選ぶ際、「グリコール酸などの、肌にやさしいピーリング成分を使っているか」という点をチェックすることも大切ですが、それ以外の成分においても、安全性を重視する必要があります。

reaf 「洗い流すからどんな成分でも大丈夫」は嘘!

顔を洗う女性

洗顔料の成分について「たとえ、少々危険な成分を使っていても、洗い流せるので肌に残らないから大丈夫」という説をたまに見聞きしますが、少なくともピーリング洗顔においては、この説は間違っていると言わざるを得ません。

なぜなら、ピーリング洗顔は、古い角質をはがすという性質上、肌の浸透性を高める作用を持っており「洗顔時であっても、浸透性の高い成分は角質層内に浸透する」という可能性が高いのです。

だからこそ、ピーリング石鹸などを選ぶ際は、普通の洗顔料選びよりもさらに、成分の安全性に注意する必要があるわけです。

reaf こんな成分は避けるべし!

というわけで、ピーリング石鹸などは「できるだけ危険な成分を避ける」と言うことが大切になってきますが、具体的に、どんな成分を特に避けるべきなのかというと…、

まず、たんぱく質変性リスクを持つ界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムラウレス硫酸ナトリウムは避けるべきです。次に、「赤色〇号・青色〇号」などのタール系色素も、石油由来なので浸透させると皮膚刺激リスクが高いです。

石油由来と言えば、香料も注意すべきですね。実は香料には、植物や動物由来の天然香料と、石油由来の合成香料とがあります。石油由来の合成香料は皮膚障害やアレルギーリスクが指摘されていますので「由来の分からない香料が入っている」というものも、できれば避けたほうがいいでしょう。

あと、保存料のパラベンもアレルギーリスクや発がんリスクが指摘されていますので避けるべきですし、そのパラベンよりも安全性が高いと言われるフェノキシエタノールも、アレルギーリスク・皮膚刺激リスクが指摘されていますので、なるべく避けるほうが好ましいですよ。