ピーリングのための洗顔料はどんなタイプを選ぶべき?

ピーリング機能を持った洗顔料は、石鹸タイプ・洗顔フォームタイプ・粉末タイプなどがありますが、その中で、どのタイプを選ぶのが一番おすすめなのでしょうか?ここでその疑問を解決しましょう!

reaf ズバリ、石鹸タイプがおすすめ!

たまご肌の女性

ピーリング洗顔のために、どんなタイプの洗顔料が一番おすすめなのか、その答えは「石鹸タイプ」です。

なぜ、石鹸タイプがおすすめなのかというと、これはまず「洗顔フォームタイプに比べると、添加物などの成分リスクが低いものが多い」というのが挙げられます。

まず、洗顔フォームというのは、洗浄成分として強力な合成界面活性剤を配合しているものが多いんですよ。中には、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど、たんぱく質変性リスクを持つ、危険性の高い合成界面活性剤を使用しているケースさえあります。

また、水分の多さから、「品質維持・保存」の面でも石鹸タイプよりも弱点があるため、パラベンなどの保存料が添加されているものが多いというのも、洗顔フォームタイプのデメリットと言えるでしょう。

これに対して石鹸タイプは、「石けん素地」という、大昔から使い続けられている安全性の高い洗浄成分を使っており、さらに「パラベンどころか、パラベンよりも安全性が高い保存料であるフェノキシエタノールでさえ不使用」というものも少なくないので、安全性が高いものを探しやすいのが大きなメリットです。

reaf パウダータイプはどうなの?

というわけで、洗顔フォームタイプと石鹸タイプを比べると「成分の安全性の面において、石鹸タイプのほうがすぐれているケースが多い」ということになりますが、粉末タイプはどうなのかというと・・・成分の安全性においては、石けんタイプに負けないレベルのものも多いです。

しかし、パウダータイプは管理や使い方の点ではちょっと不利。

「容器を浴室に入れたままにしていると、たとえ浴室の換気をしていても、湿気を吸ってダマになる」「泡立てにくい」「パウダーを手のひらに振り入れた時に、ドバッと出てきたりして困ることもある」などといった不便を感じている人も多いんですよ。

また、ハッキリ言えばパウダータイプは石けんタイプや洗顔フォームタイプと比べると不人気なので、商品の選択肢の幅が非常に狭い、というデメリットもあります。